トップ   |   事故   |   価値   |   価格   |   格安   |   サイトマップ   |  

基準

オークションに出されている中古車には評価点がついています。

4点を年式なりの標準として、そこから評価によって上下し、
点数が高いほど新車に近い状態となります。

出品されている車の中にはアルファベットのRで評価されている車もありますが、これは修復歴のある事故車という意味です。

RAなら軽い修復歴、RBなら大規模な修復歴があるということです。
ひとつ注意したいのは、このような評価はオークション会場の検査員が評価するものなので、会場によって評価基準がまちまちになるということです。

事故車かどうかが微妙な車があった場合、ある会場ではR点がついたのに、
ある会場では3点がつくといったようなケースがあります。
これは修復歴はあるものの、事故車の定義と照らし合わせた上で事故車扱いしなかったということが考えられます。

また、逆のケースでは持主が軽い気持ちで修理した部分が修復歴扱いになってしまい、事故歴もないのにR点がつくことも考えられます。



基準   危険性   危険  強度  検索